« 自分流監理 | トップページ

基礎配筋2

Tekkintugite ∥基礎配筋2∥

4:底盤鉄筋は長いのでどこかで継いでいると思います。写真のような鉄筋の重なりを「重ね継ぎ手」といいます。重なりの長さは40dとか45d以上などと決められています。まずは目視で60cmと見えればよいでしょう。配筋のグリッドの数で簡単にわかりますよね。隣合った継ぎ手は同じ位置に並べない。写真では一本置きに継ぎ手が見えています。3.5グリッドですから鉄筋の重なりは700mm程有りそうです。

*40dは鉄筋太さの40倍の長さという意味です。D13で40dの場合40×13=520mm、45dの場合45×13=585mmです。継ぎ手長さは鉄筋の種類やコンクリート強度などで細かく規定されています。詳しくは述べませんが、住宅の基礎の場合この程度と考えて現場で見てみましょう。細かくは監理者に聞き、チェックは任せましょう。

*継ぎ手位置は継ぎ手長さLの0.5Lずらすか、1.5L以上ずらします。写真の場合は1.5L以上となっています。

5:ついでに、防水シートも見てみましょう。鉄筋を並べる時に破っていませんか。もし大きく破っていたら補修してもらいましょう。

*本来、防水シートは布基礎など床下に土が露出している場合に防湿のために敷かれたものです。べた基礎の場合はコンクリート自体に防水性能があるので防水シートは不要と考えられます。しかし有って邪魔になるものでも無いので敷き込みましょう。ただ神経質に小さな穴があいているのを気にすることは無いと思います。

« 自分流監理 | トップページ

基礎工事」カテゴリの記事