建築法規

2009年10月 1日 (木)

住宅瑕疵担保履行法の施行日

Photo_4   今日10月1日から「住宅瑕疵担保履行法」が施行されます。

新築住宅の引渡し時に、供託又は保険加入を事業者に義務づけるもので、平成17年の構造計算偽造に始まる一連の建築関連の新法、強化改正法の中のひとつです。この保険は、国が住宅瑕疵担保責任保険法人として指定した6社のみ取り扱えます。

保険の内容はともかく、保険付保のための検査は、保険会社から派遣された検査員によって、2階建ての住宅で2回行われます。基礎の配筋時と屋根防水完了時です。構造と防水に関する検査です。「設計事務所がちゃんと監理しているから、保険つけましょう」とは行かないんでしょうか。本当に建築設計者は生悪説になってしまったんですね。設計事務所のほうが足しげく現場に通い、細かく現場を見てると思うんですが。

その他のカテゴリー