« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月 4日 (月)

2010年早々10年ぶりに直島へ

100103_naoshimakusama_2

たぶん10年ぶりだと思う。長女Mのたっての希望で直島へ行った。船の時間の都合で高松からではなく宇野から直島に向かった。フェリーで直島に着くと海の駅「なおしま」が目に入る。SANAA作品でシャープな建物だ。ここにも真っ赤な草間の水玉南瓜がある。

今回はベネッセハウス、地中美術館とアイラブ湯が目的だ。10年前に無かった「家プロジェクト」は見ることが出来なかった。(当時1棟だけはあったような気もする)駐車場からベネッセハウスに向かう道はかなり距離がある。中高年にはちときついが、この道すがらにも黄色の草間の水玉南瓜や大竹伸郎の作品があり楽しませてくれる。以前はパオが有ったが移動したらしい。2度目のベネッセハウスはさておき地中美術館は作品と同時進行で建てられただけあって、建物と作品が一体となって楽しませてくれる。鑑賞の邪魔にならないようにとの配慮だろうか、スタッフのユニフォームが白だった。ちょっと寒そうで気の毒か。100103_naoshimailoveyu_3

アイラブ湯は「海の駅」の目の前、道路を挟んだ商店裏手にあり、正月にもかかわらず若者で大にぎわい。長女Mは入浴したが私は遠慮してしまった。奇抜な建物は大竹伸郎のスクラップブックそのまま。裏のボイラー室までカラフルに塗装して、ガラス越しに見ることが出来る。

安藤忠雄の建築、石井和紘の幼稚園から中学校までの校舎と町役場などテンコ盛の島だ。「家プロジェクト」を見られなかったのでもう一度訪れようか。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »