« 上棟-構造金物には要注意 監理は大切 | トップページ | 設計事務所の出番は分譲地にはないのか »

2009年10月21日 (水)

キッチンの工夫-ローコスト オープンキッチンを構造材で作る

Kittin2 システムキッチンを構造材で作った。構造材をプレカットで刻み、現場で大工が組上げ、天板は36mm厚の三層合板にステンレスの無垢板を接着したものをドーンと乗っける。で、かなり丈夫なものになった。この上でクッキーなどの生地を作るのにバンバンやってもびくともしない。長さは3300mm、奥行き900mmもあり、広々使える上、規格の2550mmのシステムキッチンなどと比較してもローコストに納まった。ただ、精度の違うレンジや食洗機などの既製品を構造材の中に収めるのはなかなか大変であった。ちなみに柱材の間の壁は漆喰を塗ってみた。

Kittinzumen

天井付きのレンジフードとステンレス水切棚もオリジナルで加工したもの。

構造材システムキッチン-雰囲気さえ好みに合うならばお勧めの方法だ。

キッチンの家

« 上棟-構造金物には要注意 監理は大切 | トップページ | 設計事務所の出番は分譲地にはないのか »

家づくりのヒント」カテゴリの記事