« 薪ストーブは楽しい-設置場所の工夫3 | トップページ | 玄関収納の工夫-杉材で作った間接照明付き下駄箱 »

2009年10月26日 (月)

散歩のついでに「別子銅山記念館」に寄道

Douzankinenkan 散歩のついでに「別子銅山記念館」に寄道。2週続けて山根公園。いつもは犬連れで入れなかったので、今回初入場。建物の大半は山肌に合わせて地中に埋まっている。屋根はその勾配にあわせて緑化してあるがボーボー。このサツキの植え込みが肝心要なのにもう少し手入れしてほしいぞ。展示室内は小さいながらも高低差を生かしたレイアウトで楽しく廻ることが出来た。メインの展示もさることながら、昭和30年代の子供たちの写真がたくさん壁に掛けられていて、自分たちの幼い時と重なり「あの頃はこーだったよねぇ」と時の流れを妻と確認したのだった。入場料は無料。

カメラ忘れたので写真は「昭和彩譜」日経BP社刊から。1975年竣工、設計は日建設計。この本によると、75年の物価はコーヒー250円。当時銀座の喫茶店で500円だったのを覚えている。高かったなー。今じゃ当たり前の値段か。ちなみにこの年は沖縄海洋博開催、日本女子登山隊エベレスト初登頂。田部井淳子さんだ。先日はNHK教育TVで槍が岳に登っていた。もう70歳だと思うが、とてもお元気そうだった。

« 薪ストーブは楽しい-設置場所の工夫3 | トップページ | 玄関収納の工夫-杉材で作った間接照明付き下駄箱 »

寄道」カテゴリの記事